ダイヤアルミ株式会社

ダイヤアルミ株式会社

ダイヤアルミへのお問合せはこちらから

0899828810

ダイヤアルミの家庭用品の特長

ダイヤアルミ製品の特長

高純度アルミを一品づつ手作り加工した金型鋳造品「アルミキャスト」。
製品の底面に特に厚みを持たせるなどの、より合理的・理想的設計の実現も思いのままで、なおかつ美しさ・軽さ・丈夫さを兼ね備え、熱伝導も良い。そういった特性を持つアルミ製品の中でも、このキャスト製品はひときわのクオリティを誇っています。
代表されるテフロンRそのクオリティのベースは、まず素材。調理器具として最適とされる高純度アルミニウムを用いています。そして鉄の3倍の熱伝導と抜群の保温力を兼ね備えた、独創の「厚肉薄側構造」。中でも底面は、熱をムラなく全体に伝え、熱効率をより高めるためのスピンターン加工で、突出した経済性・耐久性を実現しています。そしてこの合理的設計をもとに、手軽く使える「軽量化」をも目指しました。
こびりつかず、お手入れ簡単な「テフロンR加工」製品。
“こびりつかず後片づけが簡単”ふっ素樹脂加工の代名詞とも言える、米国デュポン社の「テフロンR加工」。その画期的な技術を30年以上に渡り、各種調理器具に取り入れて来ました。
毎日使う道具だからこそ、手軽に使える使い易さと安心・安全なクオリティが要求されます。私達は、そのニーズに応えるべく、今後も変化するキッチンニーズに対応した製品を供給し続けたいと思います。

アルミキャストとアルミプレスの違い

ダイヤアルミのアルミ鋳物及びプレス製品は、調理に必要とされる厚みを充分もたせ、熱伝導・熱効率の良さと、耐久性に優れています。

熱まわりにムラがない厚底
アルミキャスト
アルミは軽くて熱伝導が良く熱効率の良い理想的な素材です。アルミキャスト〈鋳造〉は、ムラのない熱まわりで部分コゲを防ぐ肉厚構造。
だから保湿性・耐久性に大変優れ、経済的です。
全体に均一な厚さの板厚
アルミプレス
高品質のアルミニウム合金板を使用。充分な品質管理のもとで、熱効率、耐食性、耐久性にも大変優れた製品です。

アルミキャスト製法とアルミプレス製法の違い

地金
地金

アルミキャスト製法

溶解炉でアルミ合金溶解
溶解炉でアルミ合金溶解
金型鋳造機で成型
金型鋳造機で成型
NC旋盤で切削
NC旋盤で切削

アルミプレス製法

圧延
圧延
プレスで打抜き
プレスで打抜き
プレスで絞り・鍛造
プレスで絞り・鍛造
旋盤で縁切り
旋盤で縁切り
   ふっ素樹脂加工焼付け塗装
  ハンドル部品組立て完成